忍者ブログ
オンエア 100年橋にある生バンド演奏で歌えるライブバー
[1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



別れの辛さに馴れることは
決してありません。
幾度繰り返しても別れは
辛く苦しいものです。
それでも、私たちは死ぬまで
人を愛さずにはいられません。
それが人間なのです。
もし、人より素晴らしい世界を見よう
そこにある宝にめぐり逢おうとするなら
どうしたって危険な道、恐い道を
歩かねばなりません。
そういう道を求めて歩くのが
才能に賭ける人の心構えなのです。
 
 
人間は生まれた時から一人で生まれ
死ぬ時も一人で死んでゆきます。
孤独は人間の本性なのです。
だからこそ、人は
他の人を求め、愛し、肌で
あたため合いたいのです。
 
 
人生にはいろいろなことがあります。
しかし、悲しいことは忘れ、辛いことは
じっと耐え忍んでいきましょう。
それがこの四苦八苦の世を生きる
唯一の方法ではないかと思います。
大抵の人間は自分本位です。
特に女性は自分中心に地球が
廻っていると思っていて
思い通りにならない現実に腹を立てて
愚痴ばかり言うのです。
思い当たることはありませんか。
 
 
相手の立場に立ってモノを考えれば
人間は他者のために
どんなことでもできるのです。
人は、不幸のときは一を十にも思い
幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて
十を一のように思います。
 
  
どんな悲しみや苦しみも
必ず歳月が癒してくれます。
そのことを京都では
『日にち薬(ひにちぐすり)』
と呼びます。
時間こそが心の傷の妙薬なのです。
 
 
大きな椿の花を咲かせるには
どうすると思いますか?
まだ、つぼみが小さいうちに
ひとつだけを残して
みな摘んでしまうのです。
そうすれば、大輪の花を
咲かせることができるのです。
 
 
お子さんに「何のために生きるの?」
と聞かれたら
「誰かを幸せにするために生きるのよ」
と答えてあげて下さい。
 
 
一日に一回は鏡を見る方がいいです。
できればにっこりと笑ってみて下さい。
心にわだかまりがない時は
表情がいきいきしているはずですよ。
 
 
あなたはたった一つの尊い命をもって
この世に生まれた、大切な存在です。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/21 sayo]
[11/12 クッシー]
[10/07 ロウ]
[10/05 タニー]
[09/22 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
onair
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]